はじまりのトマトソースby オホーツクトマト食堂 オンラインショップ

2020/12/24 14:04

年末年始はクリスマスに忘年会、お正月など楽しいイベントが目白押しです。

楽しい宴につい食事やお酒が進んでしまいます。

気づいたら、むくみや食欲不振などの体調不良に悩まされる……ということはありませんか?

年末年始の食べ・飲み過ぎによる体調不良を改善したいなら、トマトがおすすめです。

トマトには年末年始を元気に乗り越えられる成分が多く含まれています。

トマトの効能について

トマトといえば、リコピンという成分が有名ですが、以下のような効能があります。


  • 紫外線による肌のダメージをカバー

  • 腸内環境改善

  • 骨粗しょう症予防

リコピンだけでも素晴らしい効能ですが、実はトマトにはリコピン以外にも身体にいい栄養成分が豊富に含まれているのです。

その1つが、トマトの旨味成分を作り出すグルタミン酸で、トマトのゼリー状の部分に多く含まれています。

グルタミン酸には、食欲増進や食べ物の吸収をサポートする効能があり、さらに体内でGABAという成分に代わり、

  • 精神の安定

  • 肝機能の改善

  • 高血圧の抑制

などの効果が期待できます。

年末年始食は塩分や脂の多い食事が多いので、むくみや食欲不振になりがち。

リコピンやグルタミン酸が豊富に含まれたトマトを食べて体調不良を改善しましょう。

なお北海道北見市で育ったトマト、なつのしゅんは、リコピンの含有量が他のトマトよりも高いのが特徴です。

トマトジュースやホールトマトなどの加工品を摂ることで、健康効果がより期待できます。


参照:日本家政学会誌 Vol. 63 シリーズくらしの最前線 91|トマトのアミノ酸について

参照:機械収穫向き加工用トマト新品種 なつのしゅん|一般社団法人 長野県原種センター 


食べ疲れを食べて解消!



年末年始のご馳走で膨れたお腹とむくんだ体は、ヘルシーな食材を使った料理を食べて改善しましょう。

先ほど紹介したトマト以外にもむくみや食べ疲れを解消する食材は他にもあります。


  • アボガド

  • ニンジン

  • 貝類

  • キャベツ

  • 玉ねぎ


トマトとこれらの食材を食べ合わせれば、年末年始の食べ疲れはすぐに解消できるはずです。

トマトジュースorホールトマトでほっこりごはん

トマトはそのまま生のまま食べるよりも、他のヘルシーな食材を合わせた料理を食べる方が効率よく栄養を摂ることができます。

たとえば、トマトジュースを使った簡単スープはいかがでしょう。

トマトジュースであれば、何でもいいのですが、美味しさと健康を求めたいなら、北海道北見市で育ったなつのしゅんのトマトジュースがおすすめです。

なつのしゅんのトマトジュースは、他のトマトジュースよりも旨味成分が多く含まれており、調味料を控えめにできるのがポイント。

またおせち料理に飽きた子供たちには、トマトジュースを使った3ステップでできる簡単リゾットを作ってみてはいかがでしょうか。


ステップ1:トマトジュースを入れてご飯を炊く

ステップ2:炊きあがったトマトご飯にさらにジュースを加えて鍋で煮る

ステップ3:塩コショウで味を調える


できあがる直前にとろけるチーズを入れれば、コクもでて子どもたちも大喜び間違いなしです。

最後にトマトそのものの味を楽しみたいなら、なつのしゅんの冷凍ホールトマトを使った料理でがおすすめです。

解凍して皮をむくというひと手間がありますが、魚や肉、野菜と煮込むだけでフレッシュなトマトの味わいが楽しめます。

ちょっとの工夫で健康ごはんのできあがり!

年末年始の食べ疲れによる体調不良は、トマトとヘルシーな食材をあわせた健康ご飯で解消しましょう。

トマトジュースやホールトマトなど加工品を使えば、あっという間に健康ご飯ができあがります。

時間がないときでもササっと作れるので、今年の年末年始にぜひお試しください。

トマトを使った健康ご飯をより美味しく、より健康的に食べたいならなつのしゅんのトマトジュースや冷凍ホールトマトを使うのがおすすめです。

年末年始の自分と家族の健康のためにも、ぜひご準備ください。